久保田工業所

読み込み中

久保田工業所

久保田工業所の歴史と企業理念

久保田工業所の歴史と企業理念 久保田工業所の歴史と企業理念

新たな時代へ、一緒に切り拓く。
品質と働きやすさの融合

私たち久保田工業所は、品質へのこだわりと確かな技術を事業の核として、農機具製造から建設機械の修理、さらには板金や電子機械の部品製造に至るまで、時代のニーズに応じて業務領域を広げてきました。時代が進化する中で、私たちは常にお客様に信頼される「良い製品」を提供し続けることを使命としています。

現代のハイテク化が進む市場では、高品質な製品のみならず、きめ細かい技術対応が求められています。そのために、自動製造ラインを導入し、一貫した生産体制を構築することで、新たなる分野である製缶板金にも力を入れています。

久保田工業所は、技術だけでなく、働くすべての人々が活躍できる環境を提供することにも注力しています。女性も活躍できる職場を実現するために、フレキシブルな働き方やサポート体制を整え、全員が力を発揮できる場を提供しています。確かな技術と迅速な行動で、これまで築き上げた信頼をさらに広げ、共に成長していくことを心から願っています。

私たちと一緒に、より良い未来を創造しませんか?今後とも、久保田工業所への変わらぬ支持をお願い申し上げます。

会社概要

名称
株式会社 久保田工業所
創業
昭和20年4月
設立
昭和21年4月
従業員数
25人
代表取締役
久保田 将行
所在地
〒452-0034 愛知県清須市西枇杷島町日の出66番地の1
本社連絡先
TEL:052-502-4266、052-502-4216
FAX:052-501-6672
関工場
〒501-3203、岐阜県関市神野536-1番地
TEL:0575-29-0988、FAX:0575-29-0989

沿革

昭和20年4月
西春日井郡にて久保田清一郎が溶接業を開始
昭和21年4月
資本金150万円で合資。会社久保田工業所を設立
昭和28年4月
現清須市に会社移転
昭和55年9月
清一郎死去のため現社長浩平が就任
平成3月10月
関市神野に工場予定地を購入 以後、整地工事を着工する
平成5年1月
工事完成と同時に現在に至る
平成18年9月
関工場増設

資格

動力プレス特定自主検査 事業内検査者 1名
工場板金(数値制御タレットパンチプレス)1級技能士 1名
工場板金 1級技能士 1名
プレス機械作業主任者 1名
ガス溶接技能講習 2名
アーク溶接技能講習 1名
玉掛技能講習 2名
クレーン教育技能講習 2名
フォークリフト運転技能講習 3名